2006年01月07日

Adobe Photoshop Elements でフレームを合成するには

ダウンロードして頂いたフォトフレームをご自分の写真に合成できます。
Adobe Photoshop Elements
iconを使った場合について書いてみました。ご参考になれば幸いです。
下の画像をクリックすると拡大画像が見られます。

では、始めましょう。

1 Adobe Photoshop Elements
icon を立ち上げ、ダウンロードしたフォトフレーム画像と今回使いたい画像を両方開きます。
2mai_open.jpg

2 ツールボックスで移動ツールを選択します。
toolbox_idou.jpg

3 使いたい画像の上を移動ツールで掴み、
drop_1.jpg

4 フレームのウィンドウにドラッグ&ドロップします。
drop_2.jpg

5 このようになります。
drop_3.jpg

6 次に、画像の重なり順を入れ替えます。
layer_idou_1.jpg

7 レイヤーパレット上で「レイヤー1」をドラッグし、「レイヤー0」の下にドロップします。
layer_idou_2.jpg

layer_idou_3.jpg

8 フレームの中に写真がおさまりました。
layer_idou_4.jpg

9 これから写真のサイズと位置を調整します。上部のオプションバーにある。バウンディングボックスをチェックしておくと便利です。
bunding_box.jpg

10 今回は、少しだけ写真を拡大してフレームに収めるようにします。バウンディングボックスのコーナーを掴んで、SHIFTキーを押しながら引き延ばし、RETURNキーで確定します。SHIFTキーを押しながら行うと、縦横の比率が保たれます。
大きく拡大すると画像が荒れてきますので、画面で確認するなどして気を付けながらやります。
また、拡大、縮小を何回も繰り返すとその度に画像のクオリティが落ちていきます。それを避けるには、ヒストリーパレットで前の段階に戻ればOKです。
kakudai.jpg

11 画面上をドラッグして位置を調整します。
ichi_idou.jpg

12 ファイルメニューから「別名で保存」を選択します。
フォーマットのポップアップメニューから「JPEG」を選んでファイル名を入力し、ファイルの保存場所を選択します。
保存をクリックします。
betumei_hozon.jpg

13 JPEG保存のオプションが表示されます。
画質は、「10〜12」 最高画質を選択します。JPEG保存は、圧縮比が大きくなるほど画質が劣化しますので、劣化が最小限に抑えられます。
形式オプションは、「ベースライン(最適化)」でよいでしょう。
jpg_option.jpg

14 以上で完成です。
Pattern01_01_a_g.jpg

今、開いているレイヤー付の画像は、まだ編集するときは、「別名で保存」でフォーマットは「Photoshop」にすればレイヤー付のまま、保存できます。
これ以上、編集しなければ、保存しないで閉じてしまえばよいでしょう。

ひらめきJPEGフォーマットで保存した完成画像は、プリンターでプリントしたりFUJICOLORデジカメプリント等に注文してお楽しみください。

ひらめきFUJICOLORデジカメプリント等でプリントするには、上の例のようにJPG形式で保存しましょう。

揺れるハートブログランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとお願いします。
e_02.gif

FUJICOLORプリントおとどけ便


posted by チョイス at 18:06| Comment(1) | TrackBack(0) | ダウンロードの方法と使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても参考になりました^^/
Posted by たかゆき at 2009年05月14日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。